読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5/23vs湘南プレビュー

ナビ名古屋戦でBチームのメンバーで、途中から名古屋がベスメン勝利こそできなかったが前半に関してはやりたい形がだいぶできて手応えを感じられる試合だった。結果的に振り返ればいい時にもう1点取れればというのは結果論にすぎないんだけど、後半苦労したのとかを見ると伸びしろがまだまだあると思うのがいいと思う。

 

ベルマーレはJ1でどう勝つかを昨年考えながらやってきて、結果今年はここまでナビスコ合わせて16試合で6勝と2年前との違いは見せている。昇格チームだから負けられない、という気持ちではやられると思っているし、ベルマーレのサッカーをリスペクトした上でどう勝つゲームプランが必要だろう。

この前の名古屋とは全然違うタイプで、今の清水の目指す形と近いハイプレスショートカウンターを作り上げてきたチームだから、同じ形で上回ろうと考えるのならば個人の技術の差に頼る形になる。個のレベルの差なら負けてはいないと思っているが、チーム戦術の成熟度の差で負ける可能性、カウンターの応酬みたいな試合になった時に決定力の差や勢いの差で勝てるかというと不安が残る。

大量失点こそ少なくなったもののゼロで抑えられない試合が続いているし、1点で満足しないチームになってもらうことが今の課題かなと思っております。格下と舐めているからではなく、ウノゼロで勝てるチームではないからどこまでも貪欲になれるチームの雰囲気になったらいいね。見てる方もわくわくするし。

その辺は、やっぱり"去年のフラッシュバック"も関係してそうだし、簡単な問題ではないんだろうけどね。選手だけじゃなくて観客としても。

どうであれ、2ndステージに向けて大切な一戦になるのは間違いない。