読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最初の一歩

vs長崎 3-0

この1週間、早く1点取らせてあげたい、そう思っていた。縦パスから航也に繋ぎ、余裕を持って元紀が入ってこれたところで勝負があった。しっかりと決められる技術が元紀にあったことで簡単に先制点を奪えることとなった。2点目も中央での仕掛けから元紀が1人交わし切らないところでミドルシュートを打ちゴールに吸い込まれた。迫力こそなかったがコースは抜群だった。河井のゴールもミドルレンジからフリーになったところでコースを狙い定めて決めることができた。

長崎が昨年J2最少失点のチームらしいのだが、簡単な様に決められたのは元紀や河井の技術があったからだと言うことなのかもしれない。

愛媛戦では相手に籠もられて苦労したあと相手にペースを握られることもあったが、長崎はもっと厄介なのではないかと思っていたので正直3-0の結果は意外だったけど、先制点さえ取れればこういう結果にもなるわけだ。

ただ相手を崩せずに焦れてきた時に、切れずに耐えられるかどうかはかなり重要になってきそうだ。ここ最近の負けグセを取り払って、それから勝ちグセを身に付けるまでのファーストステップのように思う。

 

何にせよ、この勝利は大切な一歩目になるはず。年間勝点80を目標にしているそうなので、まだまだボーダーライン上だと言える。